FC2ブログ

武蔵の国から

噛み合わなかった日

ソテツ

ソテツが南国情緒を漂わせています
夏日が増えるにつれて元気になり、花も見えてきました
成長が穏やかと聞きますが、かなりの大きさで大應寺の境内に植わっていました


line

雨が降らなかったので高速を飛ばして深谷市へ
やはり暑さで有名な熊谷市のお隣、車の外気温は34度でした
最初の目的地、レンガ造りの深谷駅を一目見ようと行きましたが改修工事中で、足場が組まれて写真撮る気にもならず

渋沢記念館

渋沢栄一記念館を見学する事にしました
2024年度発行予定の一万円札の肖像になる日本資本主義の父と称される人ですね
館内は写真撮影できません、2階では渋沢栄一の肉声テープが聞けました

レンガ工場跡

次に向かったのは、東京駅丸ノ内本屋や迎賓館赤坂離宮に使われている赤レンガ製造の跡
日本煉瓦製造株式会社の跡を見学しようと行ったのですが・・・保存修理工事のため通常見学を休止しています
見学の再開時期は令和5年(2023年)の予定だそうで、せめてもと外観写真を撮ってオシマイ・・・悲惨な日でした

web拍手 by FC2
  1. 2019/07/26(金) 00:00:06|
  2. 史跡

夏を飛び越え初秋の花

旧高橋家

掲載順が逆になりましたが、
昨日の七夕飾りがされていた文化財・茅葺の旧高橋家

旧高橋家

下から茅葺構造が見えます

カンナ
カンナ

キキョウ
桔梗

キキョウ
白花桔梗

庭で秋の七草のひとつ桔梗がそっと咲いていましたした

今日は「小暑」というのに暑中見舞いがいらないくらいで、6月の暑さが嘘のような梅雨寒と言える日が続いています
来年の五輪開催日もこのようならいいですね
web拍手 by FC2
  1. 2019/07/07(日) 00:00:35|
  2. 史跡

血の出る松

血の出る松

ブログなのに説明抜きです(笑)
iOSをお使いなら Siri(シリ)
Androidなら OKグーグル
Windows10なら Cortana(コルタナ)に聞いて下さい
いや「血の出る松の跡」で検索してみてください

提灯

雪が溶けて川になって 流れて行きます  つくしの子がはずかしげに顔を出します

この気温で週末には桜の開花が間違いなさそうです
サクラ祭りの準備が始まって提灯が下げられています

白菜

鍋料理から逃げられた!
白菜が収穫されず花を咲かせています

22度ってこんなに暑かった?暖房の22度はと違いますね
暑いから今日は湯豆腐じゃなく冷ややっこですよ

昨日の記載を書いてから思い出しました
20ぅん歳の給料日の翌日の出来事でした
公衆電話で財布に入れた電話帳を取り出して電話機の上に置き電話しました
終わってそのまま置き去りにしてハッと気が付き引き返しました

給料を全部入れていた財布はありません

警察に電話したら届け出があり上野駅だったかなぁ?
遺失物保管センターにあるそうです
お礼金は何パーセントだったかな? 拾い主に礼金を払った残額が無事戻りました
届けて頂いた人に今更ですがありがとうございます
これを思い出して面倒でも遺失物はやはり届けましょう



web拍手 by FC2
  1. 2018/03/15(木) 00:00:19|
  2. 史跡

上杉家の名刀と三十五腰

上杉家の名刀

埼玉県立「歴史と民族の博物館」で特別展が開かれています

上杉家の名刀


上杉家の名刀

残念ですが写真が許可されているのはこれだけです

ランプや自分が入らない位置で、ガラス越しに撮るのは難しいですね

上杉家の名刀

展示はこの先を進むと 上杉謙信・景勝、国宝の名刀が並びます

実際に見る撮影禁止の刀は、息をのむ美しさと凄味がありました

三十五腰とは、上杉家御手選三十五腰(うえすぎけおてえらびさんじゅうごよう)
上杉景勝が特に気に入ったものを選抜した名刀リストです

いっぺんに観られるこんな機会に恵まれて、とても満足いく一日でした

スバル360

といってもパンフレットだらけ、写真一枚のブログじゃ申し訳ありません

地下の一般展示を見て出た先にあったのは、日本のカブトムシ・懐かしいスバル360でした

古代住居

最後は一番最初の入り口にある古代住居です
順序も出鱈目な今日の投稿でしたね(笑)



関東風景写真へ

web拍手 by FC2
  1. 2017/11/25(土) 00:00:10|
  2. 史跡

川越城本丸御殿

画像拡大

川越城本丸御殿

東日本唯一の本丸御殿遺構で埼玉県指定有形文化財になっています

学生が見学にきていました

先生は記念写真を・・・

川越城本丸御殿
拡大

家老詰所にて・・手や指まで精巧につくられ、本物の人のように良くできている人形でした

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿

枯山水の庭が3か所にありました

ここの見学料100円を払えば、駐車料金は無料になります

ノウゼンカズラ

地味なものを見た後で
近くに鮮やかな夏の花ノウゼンカズラがありました

暑くなると益々元気に咲く花ですね

Thank you
にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
web拍手 by FC2
  1. 2017/06/24(土) 00:00:29|
  2. 史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

富士は信仰の山

画像拡大

田子富士塚

志木市にある田子富士塚は工事中でしたので、正面からではなく裏山です

ちゃんと登山道のようになっています

7月1日の富士山の山開きに間に合うようにやっているのかな?

田子富士塚

溶岩は富士山から運んだものかわかりません

富士に行けなくても祈る場をこうして造られた、日本人のより処ですね

田子富士塚

こんな説明が書かれていました

山に潜って安産祈願をしたのですね
でもこんな狭い穴に入ったの?

ホタルブクロ

季節の花、ホタルブクロをみつけました

雨上がりで、しっとりとした感じがたまりません

Thank you
にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
web拍手 by FC2
  1. 2017/06/22(木) 00:00:12|
  2. 史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

見沼通船堀

画像拡大

見沼通船堀

埼玉には県庁所在地・浦和区とその周りに浦和と名の付く、JRの駅が7つもあります
北浦和 ・ 浦和 ・ 南浦和 ・ 中浦和 ・ 武蔵浦和 ・ 西浦和 ・ 東浦和

パナマ運河より180年前に作られた、同じ方式の運河をみてきました

JR武蔵野線・東浦和駅下車、徒歩約10分で到着

見沼通船堀公園の竹林の爽やかな風を受けながら、通り抜けました

見沼通船堀

見沼代用水から通船堀への流れです、芝川から昇ってくるには、高低差3mだそうです

江戸時代、ここを手漕ぎ船で年貢米や物資を運んだんですね

今は川の水量が少なく、とても船が通るとはいきません

見沼通船堀

私の説明より、画像拡大で説明書きを見てください・・・ここが西緑二の関跡です

先へ進むと西緑第一の関がありました

見沼通船堀

ここで水を堰き止めて、水位を変えていたんですね・・・船、山に登る

見沼通船堀

関を横から見ると、ここを船が通過したところ

関東大震災以降、通船堀を使うことはなかったようです

今はカモが通る水路でした

芝川

荒川~東京湾へと流れる、芝川に出ました、左が通船堀です

右の電柱2本目辺りから東緑第一の関、第二の関と続きます

さすがに国の指定史跡のおかげで、自然いっぱい残っていました

ご訪問ありがとうございます!
ポチッとクリックおねがいします

にほんブログ村 にほんブログ村
web拍手 by FC2
  1. 2015/11/17(火) 00:37:00|
  2. 史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

投稿カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

れみわ

Author:れみわ
自己流の写真を添えて、武蔵野での日常を綴っています

ブログ開設から

2014年1月28日から

ご来訪者カウント

TOTAL訪問者数

現在の閲覧者数

東京五輪カウントダウン

最近の拍手数ベスト7

拍手ランキング

直近5日間の記事

光が丘公園 2019/12/13
笑顔の先 2019/12/12
高麗山聖天院 2019/12/11
高麗神社 2019/12/10
巾着田 2019/12/09
鎌北湖 2019/12/08
鎌北湖 2019/12/07

カテゴリ

風景 (614)
祭り (74)
草花 (512)
気象 (122)
スポーツ (28)
動物 (69)
食事 (5)
季節 (155)
機器 (34)
果実 (22)
施設 (58)
遊び (21)
絶品 (5)
植物 (48)
趣味 (6)
旅行 (13)
鳥 (100)
昆虫 (62)
魚 (5)
未分類 (16)
政治 (5)
時事 (11)
PC (1)
乗り物 (3)
行事 (19)
史跡 (7)
動画 (1)
健康 (3)
ニュース (4)
神社仏閣 (41)
イベント (4)
創作画像 (4)
多重露光 (12)
公園 (58)
河川 (2)
赤外写真 (1)
勤務 (1)
建築物 (17)
露光間ズーム (2)
マクロ (2)
キノコ (2)
エアリーフォト (2)
和 (1)

投稿動画

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事のRSS

QRコード
QRコードを読み込んで
RSSリーダーに登録
してください