武蔵の国から

The headline image is an excerpt from the archive

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

街なかにアート

2016年 10月06日 00:00 (木)

画像拡大

さいたまのビジネスマン

場所はJR埼京線の武蔵浦和駅と中浦和駅の中間付近、
新幹線と埼京線の高架橋横にある、西南さくら公園です

アートを特別なものではなく、街に関わるすべての人に開かれた国際芸術祭として
さいたまトリエンナーレ2016が12月11日迄開かれています

ラトビアの彫刻家、アイガルス・ビクシェの作品で「さいたまのビジネスマン」だそうです

全長9.5mの巨大ビジネスマンは、寝ているのか、物思いに耽っているのでしょうか

さいたまのビジネスマン

保育児童も近づいて、大きさにビックリです

れみわには、芸術性がわかりませんが
こんな巨大なもの、どれくらいの制作期間を要したんでしょう



ご訪問ありがとうございました

にほんブログ村人気ブログランキング
にほんブログ村  クリックの応援も宜しくお願いします
web拍手 by FC2

tag : さいたまトリエンナーレ2016

コメントの投稿

非公開コメント

自然明光さんへ

2016年10月06日 15:19

こんにちわ

作者は、埼京線の通勤ラッシュに驚いて
さいたまのサラリーマンにエールを送る目的で制作したそうです

王子という身分を捨て人々のために教えを説き涅槃(ねはん)に入った釈迦と
正反対のイメージを重ねることで誰でも穏やかな悟りの境地にたどり着けると表したかったのだそうです

れみわには難しい

♪デコ♪さんへ

2016年10月06日 15:13

こんにちわ

お釈迦様の涅槃(ねはん)のイメージだそうです
横になって悟りを開いてね

こんにちわ

2016年10月06日 14:53

この風変わりな現代彫刻を写した写真自体は、奇抜性があってとても面白いです。
しかし、彫刻作品そのものはちょっといただけませんね。
題名が「さいたまのビジネスマン」ですから、明らかに社会風刺の作品です。
寝転んでいるネクタイ姿のおじさんの体のあちこちにはクモのような虫がいっぱいたかっています。
どうみてもその人物を肯定的に捉えた作品ではなく、皮肉って馬鹿にした作品です。
ユーモアとしてもかなりセンスが悪いです。
その馬鹿にされたおじさんが「さいたまのビジネスマン」ですから、ちょっと驚きです。
これを平気で展示できる市の担当者の感性が理解できません。
もしかしたら、「さいたま市民は外国人アーティストからたとえ馬鹿にされても、それを受け止めてあげれるぐらい心が広いんですよ」とアピールしているのかもしれませんが…

2016年10月06日 14:20

実際見たらおもしろいかも^^

何だか気持ち良さそうよっ
デコも眠くなったきた( ;∀;)

少し寝よっ^^

おでかけ親父さんへ

2016年10月06日 11:30

こんにちわ

素材は何なんでしょうね
騒音対策の空き地でしたか
駅から続く桜並木で散歩コースに良さそうでしたよ
岩槻、大宮、与野など駅近くの公園でも違う作品があるそうです

2016年10月06日 10:51

ほうほう。。。
いま、こんなのがあるんですか。
素材はどんなモノなんでしょうね。

元々、新幹線の騒音対策としてあけた空地。
もったいないなぁーって思ってましたから、
なにかこうして有効利用してもらいたいものです(^^♪

チャメ婆さんへ

2016年10月06日 08:36

おはようございます

そうか!サラリーマンは疲れていたんだ
枕を貸してあげたくなる

台風一過の晴天になりました
被害もなくてよかったです

おはようございます。

2016年10月06日 08:08

うぉぉ、凄い巨大なビジネスマン !! 穏やかな顔で一休み、お疲れなのでしょうね
小さな幼児も覗き込んでビックリ顔ね、さいたまは芸術都市なのね、凄いね。

山親父さんへ

2016年10月06日 07:23

おはようございますよ

れみわは、後ろの新幹線高架が北海道まで続いている
巨大構造物のほうが驚きです

おはようほざいます

2016年10月06日 04:56

これ、ニュースで見ました
山親父も、疎い方なので
へぇ~~ としか・・・・・(笑)